【物流/企業】パナソニック、宅配ボックス発売延期 旧型の受注急増で-再配達減少の切り札

パナソニックは28日、4月3日に予定していた宅配ボックスの新製品の発売を延期すると発表した。
従来モデルへの受注が増え生産が追いつかないためで、新製品の受注は改めて6月1日から受け付ける。

物流業界ではインターネット通販の荷物が増える一方で、深刻な人手不足に見舞われている。
宅配ボックスは配達業者や消費者の双方から、再配達の手間を減らすことができる切り札として期待されていたが、思わぬ誤算となった。

パナソニックは戸建て向け宅配ボックス4機種を販売しており、2016年の月平均生産台数は400~500台だった。
ところがネット通販の急拡大に対応が追いつかず、今春にはヤマト運輸の労使が配送の時間帯指定サービスの一部廃止や再配達を指定できる時間の制限などで合意した。
こうした話題を受けて宅配ボックスへの注目が集まり、パナソニックでは従来モデルの3月の受注は2千台を上回った。

これまで宅配ボックスを生産している協力工場の生産能力は月1300台程度で受注に追いつかず、納期遅れが生じている。
このためパナソニックは、従来モデルの生産を優先し新製品の発売を延期する。生産能力も月2千~3千台に引き上げる予定だ。
新製品の宅配ボックスは暗証番号で開閉する仕組みで、既存の住宅にも設置できる。

これまでは戸建てにのみ対応していたが、アパートの共有スペースに設置するタイプも加えて全3種類を発売する。(岡田江美)

配信 2017/3/28 14:57

日本経済新聞 ニュースサイトを読む
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHD28H1C_Y7A320C1000000/