【サッカー】岡崎との定位置争いに敗れた「元レスターFW」がブンデスで再浮上!

28節を消化したブンデスリーガで3位につけるホッフェンハイム。そんな好調を維持するチームでひと際眩い輝きを放っているのが、
クロアチア代表FWのアンドレイ・クラマリッチだ。
 
 1991年生まれの25歳で、クロアチアの名門ディナモ・ザグレブでプロデビュー。
飛躍のきっかけを掴んだのは2013年8月に加入したリエカ時代で、2シーズンで公式戦通算55ゴールを奪い(65試合に出場)、
14年には国内リーグの年間最優秀選手に選ばれた。
 
 そうした活躍が認められ、15年1月にはレスターに引き抜かれる。
1年目はシーズン途中の加入ながら13試合・2得点とまずまずの成績を残すも、2年目の15-16シーズンは出番が激減。クラウディオ・ラニエリ監督は
エースのジェイミー・ヴァーディーのパートナーにハードワークが売りの岡崎慎司を重宝したため、
クラマリッチはベンチへと追いやられたのだ。
 
 そのため、16年1月に出場機会を求めてホッフェンハイムに移籍。真
価を発揮し始めたのが2年目の今シーズンで、チームトップの12得点をマークするなど前線で異彩を放っている。
 
 ホッフェンハイムでは主に2トップの一角でプレー。
CFのサンドロ・ヴァーグナーをサポートするセカンドトップの役割と、自らも積極的に得点を狙うフィニッシャーの役割を高次元にこなしている。
 
 岡崎が「レスターのFWのなかで一番上手かった」と評していたように足下の技術に優れ、
中盤とのパスワークに有機的に絡めるのも強みだ。
 
 強烈なミドルシュートを叩き込んだ27節のバイエルン戦をはじめ、直近の6試合で6ゴールとここにきて調子をさらに上げている。
このハイパフォーマンスを維持できれば、シーズン終了後にビッグクラブへ引き抜かれても不思議ではない。
それだけのポテンシャルは秘めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170410-00024429-sdigestw-socc