【サッカー】「ベンジャミン・バトンのようだ」…マンUのイブラ、30歳以降250得点を記録

マンチェスター・Uに所属する元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモヴィッチが、
プレミアリーグ第31節サンダーランド戦のゴールで、30歳以降の得点数が250を記録したことについてコメントを残した。
イギリス紙『デイリー・メール』が伝えている。
 
 最下位サンダーランド相手に3-0と勝利したマンチェスター・U。
先制点を決めたイブラヒモヴィッチにとって、この得点が30歳以降に決めた250得点目となった。

 この記録についてイブラヒモヴィッチは、「年を取れば取るほど知能が上がるようだ」と話し、
「ますます良くなっている。私はベンジャミン・バトンのようだ。私は年を取って生まれて、若くして亡くなるのかもしれないね」と冗談交じりにコメントした。

 今年で35歳となるイブラヒモヴィッチだが、今シーズン初挑戦となったプレミアリーグでも、第31節終了時点で17得点と衰えを知らない。
年を重ねるにつれて、さらに得点も重ねていくのだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00574547-soccerk-socc