【サッカー】ビジャレアルの未来への眼差し…深海で輝くイエローサブマリンの明るすぎる見通し

サッカー専用スタジアム、先進的なスポーツセンター、そしてユース部門への投資――。今日のサッカー界では、クラブを活気付け、安定させ、さらに、より勝てるチームにするための完璧な方法だ。多くのクラブがこの流れに向かっており、バルセロナバイエルン・ミュンヘンチェルシーといったそれをすでに整備したチームは、大きな利益を享受している。経済的利益と、ピッチ上で受ける恩恵だ。

この3次元的プロジェクトを献身的に、そして注意深く進めているクラブの一つは、疑いもなくビジャレアルである。スペインの中小クラブである“イエローサブマリン”は、2012年にセグンダディビシオン(2部リーグ)に降格してしまったにも関わらず、確かな計画と実現性の高さにより最良な形で再出発を図ることを可能とし、スペインのビッグクラブの一つとなるまでに至った。バルセロナレアル・マドリーと比べると、そのレベルは並んで語ることができるものではないことも間違いないが、通っている道筋は、同様に間違いなく正しいのである。

■新たな練習場: ”シウダ・デポルティーヴァ”

数年前までは”ミラルカンプ”で、現在は”シウダ・デポルティーヴァ”と呼ぶ。ビジャレアルが賢明なクラブと考えられる理由の一つが、設備が整った施設を自分たちのプログラムの最重要事項として扱ってきたことだ。ビジャレアルは常にトップチームと育成中の選手たちの事を考えてきた。1年と少し前、新生“シウダ・デポルティーヴァ”が生まれたのだが、その大きさは7万平方メートルに広がる。規定サイズのサッカー場が5つに(そのうちの2つは7人制サッカー用のグランド4つとしても使用できる)、8人制サッカー用のグランドが一つ、さらにフィジオセラピールームが一つ準備されている。これは、チャンピオンズリーグで優勝を争うようなビッグクラブと比較しても、見劣りしないものだ。

さらに、いやおそらく特にこれを言うべきであるが、この建物は”ミラルカンプ”(現在はビジャレアルBのスタジアムそしてビジャレアルサテライトチームC.D. Rodaのホームとなった)にいる青年に加え、さらに100人もの若手選手を収容できる。つまり、イエローサブマリンは若手選手の数を約1000人近くまで管理できるという事になる。ビジャレアルがある地域の人口約5万人との割合、そしてかの有名なバルセロナのラ・マシア(カンテラ寮)が400人以上を収容できないことを知っていれば、この数字は驚きですらあるかもしれない。

■下部組織には一層の力を

こんなに近くで数多くの才能あふれる若者たちを管理するということは、一流選手を輩出する可能性を大幅に上げることができるのは明らかである。フェルナンド・ロイグ会長は、この地域の選手が後に大きなことを成し遂げた時に、チームがその恩恵を受けられるようなプロジェクトを推し進めている。実際、”Endavant Futbol Provincial” プロジェクトを通してビジャレアルカステリョンの地域のサッカースクール37校とのコラボレーションをスタートさせた。チームはスクールに医療サービスや監督育成プログラムを提供する代わりに、約6000人の青年に対しての先買権を持っている。

さらに言えば、非常に小さな街であるビジャレアル市が16ものサッカー場を抱えているのは、まさにロイグ会長の寄与のおかげだ。実質、住民3000人に対して1つの計算。退廃したこの地域の環境を向上させようと出資したのがロイグ会長で、クラブチームの財務状況改善のため、彼が会長を務めるセラミック会社パメサを通して300万ユーロ(約3.6億円)を投資した。成果はすぐに出たと言っていい。イエローサブマリンの育成所で育った数多くの青年たちが、ラ・リーガへ放たれていったのだ。ビジャレアルに所属する選手もいれば、経験を積むためにレンタル移籍する選手もいる。どちらにせよ、クラブにとっては大きな利益となった。ビジャレアルの未来を明るく照らすようにピッチに立つ選手もいれば、他のクラブへ売却され、年間平均1200万ユーロ(約14.4億円)を若手育成部門へ投資するビジャレアルの金庫を潤わせる選手もいるからだ。