【朝日】 古賀茂明「日本国民にとっての危機が、むしろ、安倍総理にとっては、チャンスなのである」

大統領選が終わると、安倍総理は、ゴルフクラブをお土産にして、
真っ先に「ご挨拶」に訪れ、年明けにも世界の嘲笑を浴びながら、
トランプ氏へのおべっか外交で得点稼ぎを試みた。

トランプ氏の「日本を100%守る」という言葉を引き出し、
安倍官邸は、「大成果」だと喧伝した。
こうした報道を繰り返し聞かされた国民は、次のように考えた。

北朝鮮はいつ日本にミサイル攻撃を仕掛けるかわからない。
もし、米国が日本を見放したらと思うと背筋が寒くなる。
幸い、安倍さんがうまくやってくれた。何かあったら、
トランプさんが守ってくれる。安倍さんは、トランプさんの
親友になったのだから
日本の国内には、このような奇妙な安心感が生まれたのだ。

さらに、この思考回路は、暗黙のうちに、次のような論理を肯定する。
安倍さんとトランプさんが仲良くすることが何より大事。
そのためには、多少譲歩しても仕方がない。
トランプさんが望むことを、日本自ら進んでやることによって、
向こうに恩を売り、さらに両国の絆を強いものにして欲しい

こうした米国追従外交への暗黙の了解の醸成が進むのに合わせて、
安倍官邸と自民党は呼吸を合わせて、一気に「朝鮮戦争」への
参戦に備える体制整備に入った。
(中略)
あれだけ派手にすり寄って、固い握手を交わし、抱擁し合った姿を
世界中に晒しておいて、トランプ氏の「一緒に戦おう」という
誘いを断ることなど、誰にも想像できない。
日本に選択の自由はないというのが実情だ。

これは、日本国民から見ると極めて心配な状況だが、安倍総理本人は、
まったく気にしていないだろう。なぜなら、米国が潜在的に要求している、
日本の自主防衛努力(防衛費の抜本的増額)、それによる米国製武器
の大量購入、さらには、自衛隊の海外派遣による米軍への貢献は、
米国の要求を待つまでもなく、安倍総理自らが進めたい政策だからだ。
つまり、日本国民にとっての危機が、むしろ、安倍総理にとっては、
チャンスなのである。

以下、長いのでソースで
https://dot.asahi.com/dot/2017040900029.html