【野球】日本ハム 中田は「右内転筋筋挫傷」で抹消視野 診断は軽度

日本ハム中田翔内野手(27)が10日、札幌市内の病院で痛めている右脚付け根付近の検査を受け「右内転筋筋挫傷」と診断された。
軽度であるため、11日のソフトバンク戦(札幌ドーム)への出場も探るが、
早期に万全の状態に戻すために出場選手登録を外す可能性もあり、本人と首脳陣の話し合いも注目される。

中田は8日のオリックス戦(京セラドーム)の打席で患部を痛め、9日の同戦で痛みが強くなり途中交代。
試合後に「初めてフルスイングするのが怖くなった」と話していた。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2017/04/11/kiji/20170411s00001173104000c.html
2017年4月11日 05:36