【スケート】織田信成さんが関大アイススケート部の新監督に就任

フィギュアスケート男子の元五輪代表・織田信成さん(30)が関大アイススケート部の新監督に就任し、
11日、大阪市内で記者会見した。

母校での指導に向け、織田さんは「世界的に強い関大をより強固にしたい。部員と一丸となって
頑張っていく」と意気込みを語った。

関大在学中の2008年に全日本選手権を制し、10年のバンクーバー五輪(カナダ)で7位入賞。その後も
五輪代表を目指したが果たせず、13年に現役引退を表明した。引退後は解説者や明るい人柄を生かして
タレント活動を行っていた。織田さんは「名門の名に恥じないよう選手をサポートしていきたい。国際大会で
海外の選手と戦ってきた経験を伝えたい」と話した。

1948年創部の同部は、全日本選手権10連覇を果たした佐藤信夫さんや同五輪銅メダリストの
高橋大輔さんらを輩出。現在は2015年世界選手権2位の宮原知子が所属する。宮原は「より明るく
笑顔の絶えない部となることを期待しております」とコメントを寄せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170411-00050055-yom-spo