【社会】文化庁長官、液体被害を視察 京都・下鴨神社

宮田亮平文化庁長官は9日、各地の寺社で液体のようなものが掛けられた事件を受け、同様の被害が確認されている世界遺産下鴨神社京都市左京区)を視察した。

神社関係者らと重要文化財の橋殿などを見て回り「神聖な場所なのに残念で悲しい。文化庁として憤りを感じる」と感想を述べた。
文化財部長をトップとする対策チームを設置したことを明らかにし「今後、どのように修復するか検討していきたい」と話した。

液体被害は奈良県吉野町金峯山寺那覇市首里城、東京都渋谷区の明治神宮、港区の増上寺でも見つかっており、各地の警察が調べている。

また、同日は文化庁の京都移転の先行組織「地域文化創生本部」の設置を記念する式典も京都市内で開かれた。
松野博一文部科学相は「政府機関の地方移転の第1号として今後の試金石になる。
文化行政の新たなモデルをつくりたい」とあいさつした。〔共同〕

配信 2017/4/10 9:54

日本経済新聞 ニュースサイトを読む
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10H3Q_Q7A410C1000000/