【ラジオ】明石家さんま、29年ぶりニッポン放送に帰還 これまでの出演拒否を生で語る

 お笑い芸人の明石家さんま(61)が、17日放送のニッポン放送の生番組『君に耳キュン!雪どけ 春の大作戦 明石家さんま オールニッポン お願い!リクエスト』(後6:00~9:50)で29年ぶりに同局でパーソナリティーを務めることが10日、わかった。

 さんまは、かつて『オールナイトニッポン』(1979年10月4日~81年3月26日)や『明石家さんまのラジオが来たゾ!東京めぐりブンブン大放送』(83年5月7日~88年3月26日)などレギュラー番組を担当していたが、29年前の“ある出来事”がきっかけで同局の番組出演を拒むようになった(その間にゲスト出演はあり)。

 そんな遺恨がありながらも、熱烈なオファーを受けて今回の特別番組のパーソナリティを引き受けることに。なぜ29年間も出演拒否をしていたのか、なぜ今回の出演を決めたのか。その真相も番組内で自ら語る予定となっている。

 番組タイトルに「雪どけ」とあるが、当のさんまは「雪どけ…ウーン、まだ溶けたかどうかわからんなぁ。凍らせたままが良いのかもしれない」と複雑な心境をのぞかせながらも、「でも、とりあえずやってみよか、3時間50分!」と意気込み。

 今回の番組のコンセプトは、“1億2000万人のリスナーと作る愉快な音楽番組”。DJさんまが次々とリスナーと電話してエピソードを聞き出し、リクエスト曲を尋ねていく内容だが、お喋り大好きなさんまだけに、話を弾ませすぎて音楽番組なのに1曲もオンエアされない、という前代未聞の結末を迎える可能性もあり得る。

 ラジオならではの自由なトーク、リスナーとの密なコミュニケーションをさんまがどのように楽しむのか、長時間の生放送だけに脱線することも含めて楽しみな番組となっている。

オリコン 4/11(火) 5:00配信
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000327-oric-ent