【芸能】ゲス乙女・川谷は「犯罪者じゃない」 武田鉄矢、松本人志が活動自粛に疑問

ゲス乙女・川谷は「犯罪者じゃない」 武田鉄矢松本人志が活動自粛に疑問

昨年12月のライブを最後に活動を自粛しているロックバンド・ゲスの極み乙女。が、
5月10日から活動を再開することが発表された。まずは発売が延期になっていたアルバムがこの日
リリースされ、同日に東京都内で発売記念ライブが行われるという。この活動再開のニュースに
武田鉄矢松本人志ダウンタウン)は、そもそも“休んでいることがおかしい”とコメントした。

ボーカルの川谷絵音が未成年の女性タレントと飲酒したことが原因で、活動自粛中だった
ゲスの極み乙女。4月9日放送の『ワイドナショー』でこのニュースが紹介されると、
武田鉄矢松本人志ベッキーとの不倫騒動が活動自粛の原因だと思っているようで
「犯罪者じゃないのに休むこと自体がおかしい」「恋の袋小路に入ることはあるんだから」
と川谷を擁護する発言が発せられる。

また武田は、5月にゲスの極み乙女。再開第一弾となるアルバムが川谷にとって
「正念場になる」と断言した。彼が海援隊で活躍していた1970~80年代、川谷のような
恋愛スキャンダルを起こしたミュージシャンを何組か見てきたそうだ。だが騒動直後に
リリースした楽曲がミリオンセラーのような大ヒットとならなければ、みな消えていったという。
一方でスキャンダルを乗り越え、さらなる飛躍を遂げたミュージシャンは今も第一線で
活躍しているとのことだ。

この発言にツイッター上では「ゲスの極み乙女に関する武田鉄矢のコメントは真っ当だな」
「めっちゃいい話してるありがとうございます」「ゲス極に対する武田さんの言葉かっこいい」と、
武田鉄矢のゲス擁護っぷりは何だ」「いやいや川谷が謹慎したのは、未成年との飲酒だから」と
意見が分かれている。

(TechinsightJapan編集部 みやび)

http://japan.techinsight.jp/2017/04/miyabi04092242.html/2