【トップレス】片山萌美が『ヤンガン』で巻頭グラビア、写真で魅了する本物志向のグラドル

片山萌美が『ヤンガン』で巻頭グラビア、写真で魅了する本物志向のグラドル
完璧と言っても過言ではないボディバランスを持つ片山萌美。スリーサイズはB92・W59・H87である。DVD「わたし巡り」。(c)竹書房/Nomura Yoshiki
http://www.zaikei.co.jp/files/general/201704071628290AnP.jpg
財経新聞2017年4月7日 19:32
http://www.zaikei.co.jp/article/20170407/362801.html

■雑誌グラビアで大きな話題を読んでいる片山萌美
 4月7日発売の『ヤングガンガン』にて、グラビアアイドルの片山萌美が巻頭グラビアを飾ることになった。形のいいGカップバストは多くの男性の関心を集めており、『週刊現代』や『フライデー』でも袋とじ特集が組まれるなど注目されている。

■『ヤングガンガン』で見せた大胆トップレス
 片山萌美は1990年生まれのグラビアアイドル。現在ではCMや映画『めがみさま』などにも出演するなど、徐々にその知名度を上げている。また、始球式にてピッチャーを務めた経験もあるが、その際にもおへそが出ているキャッチーな衣装で話題となった。

 そんな彼女が4月7日発売の『ヤングガンガン』にて巻頭グラビアを飾ることとなった。肩ひものない大胆なトップレスとショートパンツの組み合わせで、92センチのGカップバストを堪能することができる。また、『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』に出てくるキャラクターをモチーフにした衣装のグラビア姿も掲載されている。

■『週刊現代』で開花した新しい路線
 片山萌美は、はじめから鳴り物入りで注目されたタイプでもなかった。だが、2016年に『週刊現代』で見せたグラビア写真あたりからネットで話題になり始めた。

 以前からきわどい衣装を着るタイプではなかったが、『週刊現代』ではその形のいいバストを惜しげもなく披露するようになっていった。ただ大きいだけでなく、ほどよい形の良さを思わせるところもあり、一気に知名度を上げる形となった。『週刊現代』で掲載された彼女の写真は袋とじであったが、同じ形で『フライデー』でも袋とじグラビアを掲載。一時期はネットの検索キーワードで「片山萌美 袋とじ」が話題となるほど、彼女のグラビア写真は注目されることになった。

■写真集、DVDも攻めの姿勢を崩さす
 大胆なセクシー路線に代わってからは、写真集の売り上げにも変化が訪れたようだ。片山萌美は2017年1月5日に『Rashin』という写真集を発売。このタイトルは「人魚」という意味で、内容としてもきわどいショットが多数掲載されているとのこと。砂浜でのシースルーや、室内での艶めかしい女の姿など、近年まれにみる攻めた作品となっているようだ。これは、写真を撮ったのが世界的フォトグラファーであるアンディ・チャオということにも起因している。

 また、『わたし巡り』というDVDも発売しており、こちらは動的な片山萌美の魅力を楽しむことができる。実は、DVD作品はまだ1作しか出していないため、今後どのような形でDVD作品を出すのかも注目していきたい。

(藤田竜一)

片山萌美 わたし巡り [DVD]
https://www.amazon.co.jp/片山萌美-わたし巡り-DVD/dp/B01B6BAO84