【プロレス】真壁刀義、金属アレルギー?の証拠写真公開 “疑いの声”を強く否定

新日本プロレスのプロレスラー・真壁刀義(44)が10日、自身のブログに金属アレルギーの“証拠写真”を公開。
マネジャーが「(アレルギーが)本当なんですねッ」と疑っていたことを紹介し「コレで本当に俺様が金属アレルギーなのが
分かっただろがぁーッ!!」と、キャラ作りを疑う声を否定した。

真壁はこの日のブログで、クイズ番組の収録に参加したことを報告。真壁のトレードマークと言えば金属チェーンで、
プロレスの入場時はもちろんバラエティ番組出演時にも身につけることが多く、収録当日も首からさげていたという。

ところが、長時間に及ぶ収録で「途中から首回りが痒い」とアレルギーの症状が出たといい、かぶれてしまった項(うなじ)の
写真を掲載。さらには「今回は最初からプラスチックだったのにッ!!いったいナゼっ(笑)!?」と、オチを付けて不思議がった。

現役プロレスラーの真壁は、『コワモテの外見でスイーツ好き』という個性的なキャラクターを武器に、タレントとしても活躍。
チェーンという凶器を身につけていながら、実は金属アレルギーという事実は“鉄板ネタ”として、多くの場面で紹介されている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000122-dal-fight