【那須スキー場雪崩事故】 自画像抱え父悲痛 傷ない遺体「目覚ましそう」

未来への希望にあふれる高校生らを雪崩が襲い、8人の命が奪われた事故から一夜明けた28日、栃木県那須町の現場では検証の準備が進み、
遺族はもう帰らない息子の在りし日を振り返り、悲嘆に暮れた。

 「今までありがとう。お父さんのことは気にせずに天国に行ってください」。亡くなった大田原高校1年、佐藤宏祐(こうすけ)さん(16)の父政充さん(48)が、
同県大田原市内の自宅で息子に語りかけるように思いを語った。

 宏祐さんを最後に見届けたのは、講習初日の25日に車で高校に送り届けた時。その2日後の27日、宏祐さんはほとんど無傷のまま無言の帰宅をした。
「目を覚ましそうで。最後に見送ったときをしっかりと覚えていないのがつらいです」と、目を赤くした。

 宏祐さんは、政充さんにとって大事な一人息子。「なんでも一生懸命真面目にやる子で、後輩にも慕われていた」。市立湯津上中では生徒会長を務めた。
部活動は野球部に所属し、4番で一塁、副主将も務めた。「運動神経がいいわけではなかったが、バッティングはうまかったんです」。
大会には欠かさず応援に行ったという。

 絵が好きだったことから、高校入学当初は美術部を志望していた。しかし、山岳部の勧誘を受け、「運動がしたい」と言って入部を決めた。
「小さい頃からスキーによく連れて行ったので、興味を持ったのではないか」。部活動の愚痴は聞いたことがなく、好きで続けていた様子だった。
山岳部に入るのを許したことに「後悔はない」と言い切った。

 事故現場で発見された状況はまだ詳しく分からないが、雪に埋もれていたところを仲間から引き上げられたと聞いた。
「当時の状況が分かる人がいれば、最後がどうだったか聞きたい」

 自宅には、宏祐さんの自画像が飾られている。美術の授業で描いたものを1週間ほど前に持ち帰ってきた。
やや硬い表情で、大きな目がじっと前を見つめる。「私は絵を描くのが苦手なので『うまいなあ』と思います。何を思って描いていたんでしょうね」。
顔を伏せて、言葉を詰まらせた

http://mainichi.jp/articles/20170328/k00/00e/040/173000c

関連スレ

那須スキー場雪崩事故】「雪崩だっ、伏せろ」…教員叫び足元の雪動く
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490671277/
那須スキー場雪崩事故】雪崩犠牲の高校生 全員「ビーコン」不携帯
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490676368/
那須スキー場雪崩事故】8人死亡 一瞬で胸まで「景色も音も覚えてない」 生還生徒ぼうぜん
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490663042/
那須スキー場雪崩事故】大田原高山岳部は県内9連覇誇る強豪 顧問は「山のエキスパート」
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490604856/
【社会】珍しい、3月に2カ所で雪崩発生…那須町には注意報が発令も…
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490648710/