【フィギュア】浅田真央「リカちゃん」のモデルになるも平昌五輪出場は絶望的

フィギュアスケートの世界選手権で、男子は羽生結弦が3年ぶり2度目の優勝に輝いた。さらに羽生は、自らが持つフリー演技(FS)の世界最高得点を更新する223.20点を記録している。

その一方で、2014年に同大会で優勝した浅田真央も“別のメモリアル”を発表していた。

「彼女が選ばれたということは、時代の象徴と捉えられたのでしょう。栄誉なことだと思います」(女性誌記者)

浅田真央の『リカちゃん人形セット』(記念フレーム切手付)が販売されたのだ。

『リカちゃん』は1967年に販売され、今年で50周年を迎える。そのメモリアルのコラボレーションの対象に浅田が選ばれ、自ら監修も務めたそうだ。

「リカちゃん人形は何度かマイナーチェンジを繰り返してきています。時代背景や社会的ブームも考慮し、過去には“ガングロバージョン”や、眉毛を長くしたものも販売されました。浅田が選ばれたということは、現代の象徴だと解釈されたわけです」(同・記者)

浅田をモチーフにした記念のリカちゃん人形は、フィギュアスケート選手の衣装を身に着けたもので、浅田の2013~2014年シーズンに着用していたコスチュームが採用されている。話題性は十分だが、浅田の平昌冬季五輪の出場が“微妙”になってきただけに、「なぜ、この時期に浅田がメモリアルを出すのか?」という懸念もなくはない。


以下略です。全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)
2017.04.09 19:30
https://myjitsu.jp/archives/20113