【将棋】森内九段「永世名人がA級から降級したらどうすべきか。立候補するためにフリークラス宣言をしたのではありません」

日本将棋連盟 理事予備選に森内九段ら7人が立候補

清水市代女流六段も 女性の立候補は初

任期満了に伴う日本将棋連盟の役員(理事)予備選挙が10日告示され、十八世名人の資格を持ち今月からフリークラスへ転出した森内俊之九段や、清水市代女流六段ら7人が立候補の届け出を行った。女性の立候補は初めて。11日まで受け付け、27日に投票され、5月29日の通常棋士総会で正式に選任される。

昨年10月からの将棋ソフト不正使用疑惑問題やそれに対する理事会の対応を巡り、谷川浩司会長(当時)らが1月に辞任し、2月に青野照市専務理事(同)ら3人が投票により解任されるなど、将棋連盟内部が混乱した。

森内九段は毎日新聞の取材に対し、「永世名人がA級から降級したらどうすべきか。立候補するためにフリークラス宣言をしたのではありません」と話した。

選挙は東京5人、関西2人が定員。10日の届け出者は次の通り(届け出順)。佐藤康光会長は11日に届け出るとみられる。東京=森内九段、森下卓九段、清水女流六段、田中寅彦九段、鈴木大介九段▽関西=小林健二九段、脇謙二八段。

ソース/毎日新聞社
https://mainichi.jp/articles/20170411/k00/00m/040/067000c