【自民】河野洋平氏 中国首相と会談「歴史を鑑に未来へ」

 日本国際貿易促進協会国貿促、会長=河野洋平・元衆院議長)の訪中団は10日、北京の人民大会堂李克強(リーコーチアン)首相と会談した。李首相は今年が日中国交正常化から45年の節目になることから、「中国は中日関係を高度に重要視している」と述べ、両国の関係改善に期待を示した。

 李首相は会談の冒頭、「歴史を鑑(かがみ)に未来に向かう精神に基づき、中日関係の発展を推進したい。両国関係が正常な軌道に戻るよう努力していきたい」と強調した。これに対し、河野氏は「総理(李首相)に時間を割いていただいたのは、非常に意義のある年、さらに日中関係を改善していこうという気持ちの表れだと受け止める」と述べた。

 国貿促の訪中団に李首相が応対したのは2年ぶり。昨年4月は汪洋(ワンヤン)副首相が応対した。訪中団には沖縄県の翁長雄志知事や三菱東京UFJ銀行の三木繁光特別顧問らも参加した。(北京=福田直之)

http://www.asahi.com/articles/ASK4B4J8QK4BUHBI014.html </div