【芸能】のん“創作あーちすと”名乗る訳 理想の女性は「吉永小百合さん!」

2017-04-10 20:09

 女優・のん(23)が10日、都内で行われた雑誌『暮しの手帖87号』発売記念「のんの愛する洋服づくり」トークショーに登場。アニメーション映画『この世界の片隅に』で主人公・すずの声優を務めるにあたって“もんぺ”を自分で製作していたことを明かし「すずさんの生活に触れてみたいと思って、やりました。劇中のやり方を見ただけで、作りました」と声を弾ませた。

 イベントでは、自作の服も持参して会場の観客にお披露目。それぞれの作品を「オードリー・ヘップバーンが着ているようなラインに憧れました」と楽しそうに呼びかけると、対談相手の同誌編集長・澤田康彦氏(59)や会場からも自然と笑い声が。映画の話になっても「おとぼけた感じを大事にしました。終戦のシーンでは、涙で鼻水が出る感じも出したかったので、実際に涙を出さないといけない場面もありました」と目を輝かせながら振り返った。

 最近では“創作あーちすと”との肩書きで、女優業以外にも様々な活動を行っているが「絵を描いたり、洋服を作ったり、そういう活動をたくさんやりたいなと思っていたんですが、アーティストだと違うかなと思って、うさんくさい感じでゆるゆるとっていう思いで、ひらがなにしてみました。あんまりスゴそうじゃない感じで、自由奔放にやりたいですね」との意図を明かした。

 1948年に同誌が創刊された際の特集「直線裁ち」に関する話題では、昨年放送されたNHK朝の連続テレビ小説とと姉ちゃん』の主人公のモデルとなった大橋鎭子さんの姿が、スライド上に映し出され「わぁーとと姉ちゃんだ!」と大喜び。理想の女性像については「吉永小百合さんみたいな、透明感を保ったまま大人になっていきたい」と目を輝かせた。

 現在発売中の同号で、のんは巻頭特集「直線裁ちでつくる 春のはおりもの」にモデルとして登場しているほか、はおりもの制作も実際に体験。日頃から洋服作りを楽しんでいるのんの「ものづくりを愛する女性」としての一面を垣間見ることができる内容となっている。


雑誌『暮しの手帖87号』発売記念「のんの愛する洋服づくり」トークショーに登場したのん ©ORICON NewS inc.
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170410/2088869_201704100463083001491824796c.jpg
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170410/2088869_201704100462840001491824796c.jpg
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170410/2088869_201704100462933001491824796c.jpg
http://contents.oricon.co.jp/upimg/news/20170410/2088869_201704100463012001491824796c.jpg
http://www.oricon.co.jp/news/2088869/full/