【社会】パンを食べて80歳男性意識不明…「パンちぎって提供すべき」 介護老人施設に約4000万円賠償判決

鹿児島県姶良市の介護老人施設で、パンを食べて意識不明となった80歳の男性とその家族が、
パンを小さくちぎって提供しなかった施設側に責任があるなどとして、
損害賠償を求めていた裁判で、鹿児島地裁は28日、施設側に4000万円あまりの賠償を命じる判決を言い渡しました。

訴えを起こしていたのは、姶良市の介護老人施設・青雲荘を利用していた80歳の男性とその家族です。

男性は2014年1月に施設で出されたロールパンを食べた後、心肺停止状態となり、現在も意識不明となっています。
男性と家族側は「飲み込む力が弱っているので、パンを小さくちぎるよう検討すべきだった」などとして、
施設側にあわせて4800万円あまりの、損害賠償を求めていました。

鹿児島地裁の鎌野真敬裁判長は28日の裁判で、「パンをそのまま提供したことが窒息の原因。
施設は小さくちぎって提供する義務があった」などとして、施設側にあわせて4000万円あまりの賠償を命じる判決を言い渡しました。
判決を受け施設を経営する青雲会は「コメントできない」としています。

http://www.mbc.co.jp/news/mbc_news.php?ibocd=2017032800022348