【国際】エジプトで教会連続爆発 「イスラム国」犯行声明

 【カイロ=飛田雅則】エジプトで9日、キリスト教徒の一派、コプト教の教会で相次ぎ爆発事件が起きた。カイロの北方にあるタンタと、沿岸の主要都市アレクサンドリアの教会で爆弾が爆発し、多数の犠牲者が出た。同日、過激派組織「イスラム国」(IS)の系列ニュースサイトはISの兵士が実行したと伝えた。

 9日はキリスト教の祝日「聖枝祭」で、多くの信徒が教会で礼拝中だった。BBCなどによると、アレクサンドリアの教会では11人、タンタの教会では25人がそれぞれ死亡したもよう。負傷者も出ており、被害は拡大する可能性がある。

 エジプトのシナイ半島ではIS系の過激派がたびたび警察や軍隊などを攻撃。シシ大統領はテロ対策を強め、テロリストの掃討作成を強化していた。過激派の多くがシナイ半島から退避し、エジプト国内に広く潜伏しているという。

全文はソースで
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFK09H1V_Z00C17A4000000/