【兵庫】「NHKから国民を守る党」代表を脅迫した容疑で43歳会社員男を逮捕

チラシを配っていた政治団体「NHKから国民を守る党」代表の男性(49)=東京都葛飾区=を「うるさいわ。殺すぞ」と脅したとして、
兵庫県警尼崎南署は9日、脅迫の疑いで、兵庫県尼崎市東難波町の会社員の男(43)を現行犯逮捕した。
「殺すぞとは言っていない」と容疑を一部否認している。

逮捕容疑は9日午後3時ごろ、尼崎市神田中通の阪神尼崎駅前の公園で、
他の男性3人と一緒にスピーカー4台で「スタッフに声をかけてください」という音声を流しながらチラシを配っていた男性を、
「うるさいわ。しばくぞ。殺すぞ」と脅迫したとしている。

同署によると、NHKから国民を守る党は同日正午ころから「受信料を払わなくても大丈夫」と主張するチラシを配っていた。
男は当時、酒を飲んだ状態だったといい、脅迫を受けた男性が110番した。

男性は昨年7月の都知事選に立候補し、落選している。

配信 2017.4.9 20:25更新

産経ニュース ニュースサイトを読む
http://www.sankei.com/west/news/170409/wst1704090057-n1.html