【石破茂氏】「邦人救出へ態勢強化を」北朝鮮有事想定

自民党石破茂元幹事長は9日、
宮崎市で開いた石破派の地方セミナーで講演し、
朝鮮半島北朝鮮を巡る有事が起きた場合を想定し、
韓国在住の日本人救出に向けた態勢強化に取り組むべきだとの考えを示した。
「ソウルは火の海になるかもしれない。何万人という同胞をいかにして救うかだ」と述べた。


 自衛隊の人員や装備、運用などの研究を深める必要性も指摘した。


 一方、同党の山本一太元沖縄北方担当相はフジテレビ番組で、
米国が北朝鮮を攻撃する可能性は低いとの見方を示した。
理由として、米軍が北朝鮮への軍事行動に踏み切れば、
日韓両国が核攻撃を受ける可能性があると説明。
「(米軍がミサイル攻撃した)シリアと北朝鮮は違う。より慎重だと思う」と語った。


 ただ北朝鮮が生物化学兵器保有していることに触れ、
シリアで使われた化学兵器につい
北朝鮮による何らかの関与が判明すれば
「(米国による北朝鮮攻撃の)可能性を高める要因の1つになる」とも述べた。
(共同)

日刊スポーツ
http://www.nikkansports.com/general/news/1805275.html </div