安倍昭恵、居酒屋開店で離婚話も 「傾国のファーストレディ」の半生

■「傾国のファーストレディ」人生の傾き具合(1)

 安倍昭恵総理夫人(54)は疑いなく、史上最強の私人である。
講演にイベントに全国から呼ばれ、次々と名誉職に就任し、
総理公邸には日々、面会者が列を作る。
そして、各方面に影響力を行使する。
いったい私人が、どうやってこうも強くなれたのか。

 ***

 もっとも、安倍昭恵夫人について、
総理が参院予算委員会で「妻は私人なんです」と声を荒らげ、
「公人ではなく私人であると認識している」と閣議決定されても、
実は、昭恵夫人ご自身は、自分のことをあくまでも「公人」だと自覚しておられるらしい。
その証拠に、夫人が2015年11月に上梓した著書『「私」を生きる』(海竜社)の207ページに、
ハッキリとこう書かれているのである。


〈主人とはまったくの別行動でいろいろな地域を訪れ、
国民との直接対話を通して得た情報を主人に橋渡ししたり、
それに関しての意見を講演会やフェイスブックなどを通して広く伝えたり、
自分がいいと思う活動団体を支援したりするのも「総理夫人の仕事」のうち。


 加えて、昭恵農場や居酒屋UZUの経営など、完全に私人としての仕事もあります。〉


 要は、森友学園の「講演会」で意見を伝えたのも然り。
安倍家の有力支援者の子息が主催する全国高校生未来会議を「いいと思」って、
文部科学省に後援するように圧力電話をかけたのも然り。
みな「総理夫人の仕事」で、「私人としての仕事」ではないと認識しているというわけだ。

続きはソースで (デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00519573-shincho-pol </div