【サッカー】シュツットガルト浅野拓磨2発「傑出」現地紙高評価

 ドイツ2部リーグでシュツットガルトFW浅野拓磨(22)が9日にカールスルーエ戦で2得点を挙げ、
2-0の勝利に貢献したことについて、10日の独紙ビルトは「浅野が傑出! シュツットガルトが首位再浮上!」の見出しで報じた。

 それによると5試合連続未勝利だったボルフ監督は試合後に
「苦しんでいた時期があった。この勝利はゴールドの価値がある」とほっとしていたという。
同監督は前節1860ミュンヘン戦で非常に悪かった浅野にもう1度チャンスを与え、結果で恩返しされたとした。

 同紙は浅野の得点について「前半27分、ジャガーがゴールを挙げた。
ゲントナーのセンタリングにフリーで抜け出した浅野がヘディングでゴール。
後半16分、カウンターで左サイドでパスを受けたマキシムがシュート。
GKがセーブも、こぼれ球を走りこんでいた浅野が右足で流し込んで2点目。
浅野は自身4ゴール中3点をカールスルーエとのダービー戦で決めている」と伝えた。

 スポーツディレクターのシンデルマイザー氏は「彼のためにすごくうれしく思うよ。
信じられないくらいたくさん、チームのために動いてくれているんだからね」とコメントしていたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-01805648-nksports-socc