【サッカー】浅野拓磨に集まる称賛の声…ダービー勝利の立役者に同僚FW「2ゴールをプレゼントしてくれた」

シュトゥットガルトに所属する日本代FW浅野拓磨に、指揮官やチームメートから称賛の声が集まっている。

シュトゥットガルトは9日に行われたブンデスリーガ2部第28節で、山田大記擁するカールスルーエと対戦。
2試合連続となる先発出場を果たした浅野はドイツ移籍後初となるドッペルパック(2得点)を達成した。

ハンネス・ヴォルフ監督は「前半ほとんど相手にチャンスを作らせなかった。
タクマの素晴らしい走り込みとクリスティアン(・ゲントナー)の素晴らしいクロスによって先制に成功した。
後半は1点を守っていただけではなく、失点を避けるためにも前がかりに攻めた。
そして、チャンスを作ることができた」と浅野のゴールシーンにおけるランニングを褒め、
先制点によって盤石な試合運びができたと分析した。

また、FWシモン・テロッデは「我々とファンにとって重要な試合だった。前半は完全にゲームを支配できた。
後半はオープンな展開となったけど、良い時間に追加点が奪えた。
拓磨は今日も全力で試合に臨み、2ゴールをプレゼントしてくれた」と浅野の活躍を称えた。

ハノーファーが引き分けたことで、シュトゥットガルトは再び2部リーグの首位に立った。
次戦は、18日にアルミニア・ビーレフェルトと対戦する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-00000014-goal-socc