【話題】子供が泣き叫ぶ「不気味」ゆるキャラ 「公認」の町は「悪名」歓迎

大きく裂けた口からは鋭い歯が飛び出し、くすんだ黒色の長髪の下からは大きなギョロ目がのぞく。赤黒くザラついた体には、筋肉のような「不気味」な模様が浮かんでいて――
こんな「ホラー過ぎる」見た目の兵庫県福崎町の公認キャラクター「ガジロウ」が、いまネット上を騒然とさせている。活動が報じられる度に「大人でも怖い」「トラウマになる」との悲鳴が飛び交うこのキャラ、一体どんな経緯で生まれたのか。「生みの親」である福崎町の担当者に聞いた。
http://www.j-cast.com/assets_c/2017/04/news_20170410163150-thumb-645xauto-109712.jpeg
http://www.j-cast.com/assets_c/2017/04/news_20170410163221-thumb-645xauto-109713.jpeg
http://www.j-cast.com/assets_c/2017/04/news_20170410163243-thumb-autox380-109714.jpg


■「あえて滅茶苦茶気持ち悪いキャラクターを」

遠野物語」「妖怪談義」などの著作で知られる民族学者・柳田国男(1875~1962年)の出身地である福崎町は、2013年から妖怪を使った町おこしに力を入れている。カッパをモチーフにした「ガジロウ」も、その一環で誕生したキャラクターだ。

そんなガジロウは、一般的にイメージされる緑色のかわいらしい「カッパ像」とはかけ離れた、赤黒く不気味な見た目が特徴だ。頭の上にある皿の周りからは、人毛と良く似た質感の長髪が垂れている。

いったいなぜ、こうした気味の悪いキャラクターを作り出したのか。ガジロウのデザインを考案した福崎町地域振興課の小川知男課長補佐は17年4月10日のJ-CASTニュースの取材に、

「ガジロウというキャラが生まれたのは2014年で、この時はもうすでに各地で色々なゆるキャラが濫立していたんです。そこで、あえて滅茶苦茶気持ち悪いキャラクターを作り出してやろう、そう考えたんですよね」
と笑いながら話す。

もともとガジロウは、柳田の生家がある「辻川山公園」(福崎町西田原)の池に設置する像として生まれたキャラクターだった。池の中にカッパの像を置くことになったそもそもの理由について、小川さんは、

「前町長の嶋田(正義)さんに、『辻川山公園の池の水が全然綺麗にならないから、逆手を取ってカッパでも出したらどうだ』と冗談交じりに提案されたのがきっかけです(笑)」
と説明する。

定期的に池から飛び出してくる仕掛けを施したこのガジロウ像が、当初の予想を上回る人気を集めたことから、その後15年秋になって着ぐるみ化。その製作にあたって小川さんは、特撮作品の「怪人」を担当したこともある本職の造形士に、

「池の像よりももっと怖く、リアルに作ってくれ」
と依頼したという。

>>2以降に続きます

2017/4/10 17:11
http://www.j-cast.com/2017/04/10295245.html