【芸能】噂の美女・劉飛昶の淫相学 新SEX診断 山崎ケイ(34) 目力&独特の色香ありの女芸人

 今回取り上げるのは、最近、テレビの出演が増えてきている、お笑い男女コンビ『相席スタート』のボケ担当・山崎ケイ。ビミョーな美貌ながら、独特の色香を発散していて目を惹く。
 相学的に観ると、色香の源は眼で、重眼(小さい目)ながら切れ長で、目力があり、妖艶な眼光を宿している。眉を細目に作っていて精神的な好色性も高い。
 一方、目の周囲の肉付きがほとんどなく、生理的なエロスのポテンシャルは低い。能動愛の上唇が極端に薄く自己愛の下唇が厚いのは、常に受け身で、異性からのアクションを待ち続ける相だ。

 黒目が小さく、白目との境界がくっきりしていて、内実は理性的。目頭に切れ込みがあって、性愛には(重眼ゆえ慎重で)いつも計算が働いている。【淫乱度】としては「4」寄りの「3」。
 小さな鼻孔が正面から覗かず、素の表情では覆舟口(唇の両端が下がった逆U字形の口)になっていることが多く、プライベートでは陰気で弾けず、異性の関心を繋ぎ留めるのが下手だ。
 鼻が小さく金甲(小鼻)が貧弱で、口も小さく、身体的なスタミナには恵まれない。強い頬骨の相と吊り上がりの眉相が精神面で補っており、【絶倫度】は辛うじて「3」。
 先天的名器度が現れる、耳の穴の手前にある切れ込みが中の上。口角(唇の両端)の締まった良相ながら、口元の肉付きが浅く、前述の覆舟口もマイナスで、【名器度】は「3」寄りの「2」。
 下瞼のラインがやや上がり、すっきりした口元と目元など、あげまん要素がいくつかある反面、吊り上がりの眉と弱い金甲相がマイナスで、【あげまん度】も「3」寄りの「2」。

 彼女は(メガネで分かりにくいが)目間が広く、山根(鼻の付け根)も低い。どちらも尻軽相で、厚い下唇と貧弱な鼻からも、異性からの誘惑には弱い。
 しかし、太めのメガネのフレームで低い山根を隠していて(重眼も目立たない)、「吉相顕すべし、凶相覆うべし」という相学のセオリーに適っており、凶を減じている。
 それでも【尻軽度】が「4」と高くなったのは、下唇の左寄り(口内近く)に目立つホクロがあるため。これは異性からの誘いにノーと言えず、強引な交際を迫られたり、腐れ縁的な関係を発生させやすい色難ボクロだ。

 彼女は大きく、広く出っ張った頬骨が特徴的で、見た目よりずっと勝ち気で我が強く、自己顕示欲・忍耐力ともに備わった芸能人向きの相。
 一方、(鼻相から)節約家で秘密が守れ、広い頬で(異性愛よりも)家族愛が濃く、(弱い口相から)最終的には男性の庇護を必要とする。
 今後、男性がらみのトラブルをうまく回避できるかどうかが(仕事面でも)重要なポイントになる女相だ。

【劉飛昶プロフィール】
劉飛昶(リュウ・ヒチョウ) 観相学・東洋運命学・心理学などを独学。セクソロジーにも通じ、女相から性感の特徴などを観極め、現代にフィットした〈新〉淫相学の研究に取り組む。淫相学とは、観相術の中でも男女の交わりに主眼をおいた観法の総称。

2017年04月10日 18時00分
http://wjn.jp/article/detail/3788703/
https://pbs.twimg.com/media/C2EIMjAUsAAokEL.jpg