【国際】 北朝鮮 「あす核戦争が勃発するとしても恐れない」

トランプ米政権のシリアへの軍事攻撃に対し、北朝鮮は強い反発を示した。
11日の金正恩キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の党トップ就任5年や最高人民会議(国会に相当)開催を前に、
核・ミサイル開発を正当化し、米国との対決姿勢を鮮明にしている。

党機関紙、労働新聞は9日、論説で「米国と追従勢力の戦争挑発は危険ラインを越えている」と強調し、
「(金正恩)最高司令官を絶対的に信じ、あす核戦争が勃発するとしても恐れない」と主張した。
http://www.sankei.com/world/news/170410/wor1704100044-n1.html