【テレビ】GACKT、敷地面積1,700平方mのマレーシア自宅初公開 !移住を決めた理由も語る/テレ朝

歌手のGACKTが、16日放送のABC・テレビ朝日トークバラエティー『人生で大事なことは〇〇から学んだ』(毎週日曜 後7:58~20:54)にゲスト出演。「5年以上前にマレーシアに移住」していたGACKTは「人生で大事なこと は KL(=クアラルンプール) から学んだ」といい、現地の自宅をテレビ初公開。密着VTRとともに、自身の人生観を存分に語る。

お正月恒例の人気番組『芸能人格付けチェック』(同局系)で、一流の選球眼をいかんなく発揮し、話題をさらっているGACKT。一体、どんな生活を送っているのかと不思議に思っていたら、「1年のうち6割くらい」はマレーシアの首都・クアラルンプールで暮らしていると話す。「日本(に滞在しているの)は2割くらいかな」。

移住を決めたきっかけは、「30代までずっと働き続けてきて、ある時振り返ってみたら、思い出がなくて。このままだと思い出もないまま歳をとってしまう、と急に思い立っていろんな国へと行き始めたんです」。そして、世界各国を渡り歩いた中で一目惚れしたのがマレーシアだった。「(クアラルンプールは)すごく魅力的。都市部はとても清潔で、都市からすぐ近くには大自然のジャングルもある」と惚れ込んでいる。

身体の不調も移住を決めた理由の一つ。今でこそ鍛え抜かれた肉体美を誇るGACKTだが、「幼いころは病気がちで入院した経験もある。19歳から食事療法を取り入れたことをきっかけに、食事にも気を遣うようになった。ただ、30代で背中を悪くして。寒いと痛むんですね。それで、気候の暖かい地域への移住を考えていたんです」。

クアラルンプールに移住してから、すでに何回か引っ越しているという GACKT。今回初公開されるGACKTのマレーシアの自宅は、クアラルンプール郊外の高級住宅地にある。まるで要塞のような門構えで、その敷地面積はなんと約1700平方メートル。自宅で気に入っているところは「クーラーがない所だね。家の中が全部外になっているから」と謎めいたコメント。果たして どんな家なのか。

以下略、画像と全文は下記引用元よりご覧ください|ω・)