【サッカー】C大阪西本20日プロデビューへ「結果で応えたい」

セレッソ大阪MF西本雅崇(20)が、12日のルヴァン杯ヴァンフォーレ甲府戦(中銀スタ)でプロデビューすることが濃厚となった。
10日は大阪市舞洲練習場で紅白戦を行った。

 U-23からトップチームの練習に参加して3度目の西本は、時折こわばった表情を見せながらも懸命にプレーした。

 FW杉本や日本代表MF山口らを相手にして「まだ緊張します。最近やっと(トップチームに)入れたから、結果で応えたい」と意気込んだ。

 3月15日のルヴァン杯横浜F・マリノス戦でひと足先にプロデビューしたU-20日本代表DF舩木翔(18)も、西本とのプレーを心待ちにする。
舩木と西本は2歳違いながら、C大阪U-12時代から一緒にプレー。

 舩木は「(自分が)小学4年生のときから知ってる。一番近くでプレーした選手と同じピッチに立てるのはうれしい」
と喜ぶ一方で「(西本は)緊張しやすい。グラウンドでも緊張しているのが分かりますよ」といたずらっぽく笑みを浮かべた。

 05年にC大阪サッカースクールでサッカーを始めた生え抜きの西本は「みんなうまいんで、食らいついていきたい。
試合で自分のいいところをアピールしたい」と意欲十分。

 9日が誕生日だった母さゆりさんへ、プロデビューというプレゼントを3日遅れで届ける。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170410-01805586-nksports-socc