【韓国】ホン・ジュンピョ大統領候補「北朝鮮の核問題は外交で解決できない、韓半島に戦術核を再配備する必要がある」[04/10]

ホン・ジュンピョ「北朝鮮の核問題、外交で解決できない…韓半島に戦術核を再配備する必要がある」

米中首脳会談の結果に言及「米国が先制攻撃すれば、韓国は大混乱」

自由韓国党のホン・ジュンピョ候補は8日、「北朝鮮の核問題は外交手段では駄目なので、韓半島に戦術核の再配備をしなければならない」と述べた。

ホン候補はこの日、自由韓国党の故キム・ヨンファン常任顧問の遺体安置所が設けられたソウル大病院葬儀場で記者たちと会って、米・中首脳会談の結果に対する評価を聞くと、「(韓半島をめぐる国際情勢が)心配だ」と、このようにと述べた。

ホン候補は引き続き「外信を見ると、米国で韓半島に戦術核の再配備を検討していると思われる」、「それだけでなく、シリア爆撃のように、米国が先制攻撃することになれば、大韓民国は大混乱に陥る」と憂慮した。

そして、「ファン・ギョアン大統領権限代行と政府は、このような混乱が起きないように努力してほしい」と付け加えた。

ホン候補側の選挙対策委員会は、米中首脳会談が北朝鮮の核に関する特別の合意なしに終わったことを置いて「韓半島の緊張がこれまでよりも高まっているので、ホン候補が当選してこそ、強力な韓米同盟を土台に周辺国を説得することができる」と強調した。

選挙対策委員会のキム・ミョンヨン首席広報担当者は、書面のコメントを出して「こんな時期に左派と中途半端な左派が当選し、「北朝鮮を先に訪問する」、「開城工業団地を再開する」とすれば、最終的に米国の対北朝鮮政策と全面的に衝突する結果をもたらす」 、「これは北朝鮮の核問題の解決にも役立たず、韓米同盟にも反する」と指摘した。

そして、「サードの配備に反対したり、立場が二転三転する候補と政党は今進行している国際情勢を誤って判断する集団」と、共に民主党のムン・ジェイン候補と国民の党のアン・チョルス候補を狙った。

ソース:聯合ニュース 2017/04/08 20:35(機械翻訳
http://www.yonhapnews.co.kr/politics/2017/04/08/0505000000AKR20170408065000001.HTML