【航空】シンガポール交通省、空飛ぶドローンタクシー実現に向け複数社とテスト運転の協議を開始

シンガポールの SF ファンは、このニュースにハマることだろう。
Business Times の報道によると、シンガポール交通省が、
人を運ぶことができる空飛ぶドローンのテスト運転について、複数社と協議していることがわかった。

シンガポール交通省事務次官の Pang Kin 氏が Business Times に対し、3月22日に開催されたフォーラムで次のように語った。

2030年、空中運送が都市交通の手段の一つになると考えていいだろう。
Business Times が開催したリーダーフォーラムのトピックは、2030年の都市交通に関するものだった。
イベントでは、交通省が3種類の人輸送用ドローンのイメージを披露した。

ロシアのスタートアップ Hoversurf が開発した Hoversurf Scorpion、中国のスタートアップ EHang(億航)が開発した
Ehang 184(7月までにドバイで導入される予定)、ドイツのスタートアップ e-volo が開発した Volocopter VC200 だ。

CES 2017での新発表に向けた布石?
??EHang(億航)が人を運べる自動飛行ドローン「EHang184」の指令センターを建設し、飛行テストを開始

飛行時間は最長23分間、人を乗せて自動飛行するドローン「EHANG 184」がネバダ州で年内にも試験飛行
中国のドローンメーカーEHang(億航)が、人を運べる自律飛行ドローン「EHang184」を発表
フォーラムでは、特定の時間帯に乗客が少ない経路にオンデマンドでバスを走らせるアイデア無人運転のポッドなど、未来の移動手段について議論がなされた。

確実に言えることは、人が乗るドローンが主流になったとき、航空管制の仕事はこれまでより大変な職業になるだろうということだ。

http://thebridge.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/Hoversurf_flying_taxis.jpg
http://thebridge.jp/wp/wp-content/uploads/2017/04/ehang-drone.jpeg

http://thebridge.jp/2017/04/flying-taxis-hit-roads-singapore-2030-20170323