【芸能】NHK武田真一アナ 紅白司会では有働メモ活用、家事は分業制

裏番組には『報道ステーション』。しのぎを削る夜10時の時間帯に、この4月から『クローズアップ現代+』(NHK総合、月~木曜午後10時~)のキャスターを務めることになった“NHKの貴公子”こと武田真一アナ(49才)。

昨年末に初めて抜擢された紅白歌合戦の総合司会にあたっては、一昨年まで大役を務めていた1年後輩の有働由美子アナウンサー(48才)のサポートを受けた。

「A4の紙3枚にわたる、とても細かな引き継ぎメモをもらいました。たとえば、司会が待機する舞台裏にはいすがなく、ずっと立っていなくてはならないのがつらかったので、いすを用意してもらった方がいいとか、ほこりっぽいので、加湿器を持っていった方がいいとか、とても助かりました」(武田アナ・以下「」内同)

本番直前まで有働アナのアドバイスを受け、リハーサル時には差し入れをもらったという。

「『今のタイミングで食べておかないと食べそびれるから』とサンドイッチやおにぎりを買ってきてくれて。お母さんのように面倒を見てくれました(笑い)」

有働アナから言われた言葉で最も印象的だったのは「紅白はステージショーだから、前説が大事」というものだ。

「総合司会は、放送開始前の15分間をNHKホールでひとりで話すのが伝統なのですが、紅白は盛り上がる会場の熱気も伝えるもの。放送が始まる前から、お客さんを“温めて”、一体感をつくらないとならないと教わりました。

なのでぼくは、観客席のお客さんと会話をしようと決めて、『私のふるさとの熊本からいらしたかたはいますか?』『熊本のどこね、あ、うちの近く!』などと方言を使って話して、一緒に盛り上がりましょうという気持ちを伝えました」

プライベートでは、2人の子供の父親。一緒にスポーツを楽しむなど、家では良きパパのようだ。

以下略です|ω・)
http://www.news-postseven.com/archives/20170410_508566.html?PAGE=1#container
https://parts.news-postseven.com/picture/2017/04/1715_takeda_shinichi_02.jpg