【東京地裁】文春に198万円賠償命令 徳洲会元事務総長巡る記事

医療法人「徳洲会」グループ関連会社の資金3千万円を横領した罪に問われ、一審で有罪判決を受けた元事務総長、能宗克行氏(60)=控訴中=が、
週刊文春の記事で名誉を傷つけられたとして3300万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁は28日、発行元の文芸春秋に198万円の支払いを命じた。

判決によると、週刊文春は2013年10月、「徳洲会マネー100億円をむさぼる『わるいやつら』」と題した記事などで、
能宗氏がグループの資金数十億円を着服したほか、文書を偽造してグループを乗っ取ろうとしたと報じた。

伊藤正晴裁判長は「3千万円の横領で有罪となったことが、数十億円を横領した根拠にはならない。
能宗氏は引き出した資金の相当額を、グループの政治活動に支出したと推認でき、数十億円を横領したことが真実とは言えない」と指摘した。

配信 2017.3.28 16:43更新

産経ニュース ニュースサイトを読む
http://www.sankei.com/affairs/news/170328/afr1703280037-n1.html