【野球】米の注目ラーメン店が日本初出店 店主は作新野球部OB

グルメの激戦区、米・ニューヨークで注目のラーメン店「YUJI RAMEN」(ユージラーメン)が、日本に初出店した。
店主の原口雄次さん(36)は作新学院硬式野球部のOB。
「自分が世界で勝負できるのも野球のおかげ」と、甲子園での母校の活躍に自身も奮い立っている。

原口さんは宇都宮市出身。甲子園にあこがれて、作新学院硬式野球部に入部した。
3学年下には小針崇宏監督(33)がいる。
朝から晩まで練習漬けの日々だったが、1998年夏の栃木大会は1回戦で敗れた。
3年生の原口さんはサードの控え選手。
「悔しくて、しばらくは高校野球のテレビ中継を見られませんでした」と振り返る。

大学時代に米国に留学し、帰国してから料理に興味を抱き、自分の店を持ちたいと思うようになった。
2007年に米・ボストンにある魚の卸を中心とした商社へ就職し、魚の知識、さばきかた、流通まで一から勉強した。

原口さんのエネルギーの源になっていたのが、母校野球部の岩嶋敬一部長(54)の言葉だ。
岩嶋部長は85年に硬式野球部コーチに、87年に部長に就任して以来、30年以上にわたって部を支えてきた。

「お前たちが野球部でやってきたことは世界でも通用する」「野球部の生活より社会に出てからの方がずっと長い。社会に出てからこそ、ここでやってきたことの真価が問われる」。
そんな言葉を励みに、「世界で勝負できるようになってやる」と努力した。

商社時代に目をつけたのが「魚の有効活用」。
「アメリカでは魚に対する知識も料理法も浸透していない。
真の魚文化を広めていきたい」と、捨てられていた魚のアラを使ったラーメンを開発した。

12年にニューヨークのブルックリンに店を持った。
マグロのアラをローストしたスープと、大トロの一部の「ハラモ」を具材にした「ツナコツラーメン」や、「ベーコンエッグまぜ麺」などを提供。
現地の情報誌などにも採り上げられ、ニューヨークで最も注目されるレストランに成長した。

母校が出場した選抜高校野球開幕直前の先月16日、横浜市新横浜ラーメン博物館に出店した。
内装には大谷石を使用し、麺も栃木県から仕入れている。
野球部では試合にも出られず、不本意な結果に終わったが、あの時野球にかけた情熱は今も健在だ。
原口さんは「新しいスタート地点に立ったという思い。これからも岩嶋部長の言葉を胸に、世界で勝負していきたい」と、新たな決意を抱いている。

http://news.livedoor.com/article/detail/12912096/
2017年4月9日 15時12分 朝日新聞デジタル

http://image.news.livedoor.com/newsimage/7/d/7d209_1509_83927a39_1667d912.jpg
http://ot-foodspotting-production.s3.amazonaws.com/reviews/3786062/thumb_600.jpg
https://image.entabe.jp/upload/20170223/images/img_121972_6.jpg
http://www.raumen.co.jp/shop_images/img_yuji_main.jpg
http://vegepples.net/wp-content/image/07-veg-20170315-YUJIRAMEN-728x546.jpg
http://vegepples.net/wp-content/image/05-veg-20170315-YUJIRAMEN.jpg
http://newyork.seriouseats.com/images/2013/03/20130315-yuji-ramen-smorgasberg-whole-foods-13.jpg