【商品】オーブントースター、高級機人気 特徴は水分の閉じ込め

http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170328003294_commL.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170328003309_commL.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170328003321_commL.jpg
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20170328003336_commL.jpg

外はカリッ、中はモチモチ――。そんなトーストが焼けるオーブントースターが続々と登場しています。
値段は高めですが、食感を求める人たちの間で注目されています。


減少傾向にあったオーブントースターの売り上げが増加に転じたのは、2016年のこと。
調査会社のGfKジャパンによると、国内の家電量販店での販売台数は前年から5%、金額では26%増と大きく伸びた。
広報担当者は「1万円を超える機種の好調な販売が影響している」と分析する。

大阪市ビックカメラなんば店は1月、オーブントースターの売り場を広げ、取り扱う種類を増やした。
いまは70機種以上を並べる。売れるのは3千~5千円台のものが中心だが、
担当の中川陸さんは「年配の方を中心に高級機への関心が高い」と話す。

高級機人気の発端は、家電ベンチャーバルミューダが15年に発売した製品だ。
税込み約2万5千円。食パン、クロワッサンなど、パンの種類に合わせた焼き上がりになることが評判を呼び
、これまでに20万台が売れた。その後、他のメーカーも高級機を売り出し、競争が高まっている。

高級機の特長は加熱法にある。ふつうのトースターは、表面を焼く際に中の水分を飛ばしてしまい、モチモチ感を損ねていた。
そこで、高温の水蒸気を使ったり、素早い発熱で短時間に焼き上げたりすることで、できるだけ水分を閉じ込めようと工夫している。

庫内の熱を風で循環させるコンベクション(環流)機能がある商品が多いのも高級機の特徴だ。
ノンフライの空揚げやローストビーフなど、オーブンのようにさまざまな調理に使える。

よく売れている数千円台のものでは、食材の中まで火が通りやすい遠赤外線ヒーターを採用したタイプが人気だ。(新田哲史)

中略

ビックカメラでの売れ筋ランキング
①シィー・ネット SOT901L 1980円
象印 ET-VH22 3880円
バルミューダ ザ・トースターK01E 2万2900円
④アマダナ AT-TS11-W 2980円
⑤シロカ ST-131 4980円
象印 ET-WM22 4870円
タイガー魔法瓶 KAL-A100 3980円
⑧コイズミ KOS-07BK 2980円
⑨アラジン AET-GS13NW/CAT-GS13AG 9820円
⑩日立 HTO-CT30 4090円

http://www.asahi.com/articles/ASK3Q6VLTK3QPLFA00T.html?iref=comtop_list_biz_n02