【サッカー/リーガ】清武も獲得、欧州屈指の敏腕スカウトとセビージャの離別。約200億円の黒字生んだモンチ伝説

セビージャの敏腕スポーツディレクターとして知られるラモン・ロドリゲス・ベルデホ、通称モンチ。才能あふれる選手を比較的安価で補強し、売却時には高額の移籍金を得るサイクルを作り上げ、クラブに数多くのタイトルと多額の黒字をもたらした。昨夏には日本代表MFの清武弘嗣も獲得した敏腕スカウトだが、このたびアンダルシアのクラブを去ることになった。ここにその功績を振り返る。(取材・文:ロシオ・ゲバラ【セビージャ/マルカ】、翻訳:フットボールチャンネル編集部、協力:江間慎一郎)

2017年04月06日(Thu)10時19分配信

text by ロシオ・ゲバラ photo Getty Images
Tags: focus, スペイン, セビージャ, モンチ, リーガエスパニョーラ, 清武弘嗣, 移籍情報
ツイート
17年にわたりスポーツディレクターを務めあげたモンチ

セビージャのスポーツディレクターを辞することになったモンチ
セビージャのスポーツディレクターを辞することになったモンチ【写真:Getty Images】

 モンチことラモン・ロドリゲス・ベルデホは、今週の8日土曜日に行われるデポルティボとの試合の際に、サンチェス・ピスファンのピッチ上に出たいとクラブに要請した。

 毎回の試合ごとに「サン・フェルナンドの獅子(モンチの愛称)」と彼へのコールを送るサポーターたちに別れを告げるためだ。ピッチ上には、彼の二人の子供たちであるアレハンドロとマリアが付き添うことになる。

 まずは選手として、続いて短期間のみクラブ役員として、そして17年間をスポーツディレクターとして、約30年間をセビージャに捧げてきた彼が一番の犠牲としなければならなかったのがその二人だった。

「別れの日を想像することはない。どのような形であれ、楽しいものにはならないからだ」

 サイクルの変化について尋ねられると、彼はいつもそう答えていた。GKとしては平凡な選手であり、セビージャで永遠の控え選手の域を出なかったモンチだが、彼はスポーツディレクターという仕事を再定義して新たなモデルを生み出してみせた。

 セビージャはその男を失うことになる。クラブには堅固な組織が築かれており、それは彼の遺産ではあるが、モンチというブランドがあるからこそ開かれる扉も多い。クラブはこれからそのブランド抜きで生きていく術を学ばなければならない。

 注目を浴び、主役になることを好むタイプではないが、彼には別れの舞台を用意される資格がある。セビージャで生き、セビージャのために生きてきた男だった。自分の名を中心に据えて巨大な怪物を作り上げることで楽しんできたし、苦しんでもきた。だが空気を入れ替えるべき時がきた。

https://www.footballchannel.jp/2017/04/06/post205435/