【サッカー/ブンデス】絶好調・香川をあえてベンチにする理由。絶対王者に挑むドルトに今必要なこと

4月8日に行われるブンデスリーガ第28節でボルシア・ドルトムントバイエルン・ミュンヘンと対戦する。好調で波に乗っている香川真司は、前節終了後に訴えていた張りがあり、コンディションは万全ではない。CLや国内カップ戦も待ち受ける中、どう対処するのだろうか。(取材・文:本田千尋ドルトムント】)

2017年04月08日(Sat)11時00分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: focus, ドイツ, バイエルン・ミュンヘン, ブンデスリーガ, ボルシア・ドルトムント, 日本, 香川真司
バイエルンにも「隙がある」

香川真司
調子を上げる香川真司【写真:Getty Images】

 王のように振る舞えるか。2017年4月8日のブンデスリーガ第28節、アウェイに乗り込みバイエルン・ミュンヘンと雌雄を決するボルシア・ドルトムント

 1G1Aという結果を残したHSV戦を終えて、香川真司は、4日後に控えるバイエルン戦について次のようなイメージを抱いていた。

「まあ、相手もチャンピオンズリーグ(CL)があるし、優勝がほぼ決まっているから、どういうモチベーションかは分からないですけど。まあ、僕たちは、その隙を突いていきたいですし、必ず隙はあると思っている」

 香川が「必ず隙はある」と語るように、ブンデスリーガに限って言えば、今季のバイエルンは完全無欠とは言い難い。前節は前途有望なユリアン・ナーゲルスマン青年監督が率いるホッフェンハイムにアウェイで0-1で敗れ、不覚を取った。何より前半戦はドルトムントが昨年11月にホームで1-0の勝利を収めている。ドルトムントの選手たちが、バイエルンに対して必要以上に構えることはないだろう。7日の前日会見でトーマス・トゥヘル監督は「我々はバイエルンに痛い目をあわせるつもりだ」と語った。

 しかし同時に「それはとても困難な課題だ」とも話している。トゥヘルによれば、バイエルン戦ではユリアン・バイグル、ウカシュ・ピシュチェク、そして香川の起用がとても疑わしいのだという。

https://www.footballchannel.jp/2017/04/08/post205813/