【芸能】「高倉健墓碑」、突如鎌倉に出現 新たなトラブルの火種

遺された者の諍いが止まないのだから、故人が安眠できるはずもない。
高倉健が鬼籍に入ったのは2014年11月(享年83)。
以来、親族間で様々なトラブルが起きていることは本誌(「週刊新潮」)でも報じてきた。そこに今回、新たな火種が――。舞台は、鎌倉の名刹である。

 ***

健さんの死後、自ら世間に存在を明かした養女(53)は、遺骨はおろか数十億円ともいわれる遺産をあまねく手にした。
現在は高倉プロモーション社長に収まった彼女に対し、健さんの従兄弟などが分骨を求めていた調停でも、
養女側は「散骨済みで、場所や時期は知らせない」と主張。東京家裁で不成立に終わっている。

そんな中、3月18日には、鎌倉に建つ浄土宗関東総本山にあたる光明寺で、ある法要が営まれていた。

「健さんの従兄弟にあたる高倉プロの元専務が墓碑を建立し、そのお披露目があったのです」

とは、さる関係者。当日は50人ほどが参列し、寺の入口近くに建つ「高倉健 蓮華化生」と彫られた墓碑に手を合わせたという。
墓碑は健さんの立ち姿を表しているといい、高さは身長と同じ180センチ。
寺が作成したパンフレットによれば、

〈墓碑にある段状の意匠は、健さんの映画人生の節目となる年、映画作品数などを表しています。
生涯映画出演作品は205作であり、墓碑の高さは台本を積み重ねた高さでもあるのです〉

さまざま趣向が凝らされているわけなのだ。

■寺院も懸念を

生前の健さんの周囲には、高倉プロのほか、メカニックや理髪師など24時間体制でサポートする「チーム高倉」とも呼ぶべき仲間がいた。
が、彼らが故人を供養しようにも、養女の出現で叶わぬまま。
それが今回、皆で手を合わせられるとなれば、喜びはひとしおのはず。それでも先の関係者は、

「そもそも健さんの菩提寺は福岡県中間市にあり、鎌倉には自身の先祖とつながりの深い別の寺もある。
元専務は、チーム高倉や遺族らの了承を得ないまま独断で碑を建ててしまったのです」

http://news.livedoor.com/article/detail/12918259/
2017年4月11日 5時58分 デイリー新潮