【サッカー】来日中のヴィラス=ボアス監督、ACL前日に「まさか」な場所を訪れ話題に

今週ミッドウィークにグループステージの第4節が行われるAFCチャンピオンズリーグ

浦和レッズはホームに上海上港を迎える。

上海上港はこの冬チェルシーからオスカルを獲得したことで知られ、他にもフッキやエウケソンらスター選手を数多く揃える。

ここまでの3試合では全勝しており、ホームの浦和戦でも勝利しグループFで首位に立っている。
一方の浦和は2勝1敗で2位につけており、このゲームは浦和にとって非常に重要なものとなる。

上海の選手たちはすでに来日し前日練習を行ったのだが、アンドレ・ヴィラス=ボアス監督が「まさか」な場所を訪れていたと話題だ。

https://www.instagram.com/p/BSskAH0gZtm/

こちらは、ヴィラス=ボアス監督がInstagramに投稿したもの。セルフィーをしている場所は…なんとパチンコ屋だ!

ヴィラス=ボアス監督は「日本でゲームモード」とコメントし、 #pachinko などのハッシュタグを付けた。

パチンコは日本独自の文化であり、独特の明るさと騒がしさをした店内はポルトガル出身の
ヴィラス=ボアスとしては興味があったのかもしれない。
しかし、この写真が投稿されたのは試合前日の午後7時過ぎであり、試合前日に行く必要があったかはちょっぴり謎である…
(撮影場所は「さいたま市」となっている)。

浦和の公式サイトによれば、ヴィラス=ボアス監督は試合に向けた前日会見で
浦和レッズは高い質を持っているチームですし、明日はアウェイでの試合になります。
浦和レッズには多くのサポーターがいますので、難しい試合になると思います」とコメントしたという。

また、負傷したと伝えられるフッキについては「今日の練習(前日練習)のときにもう一度確認して、
明日の試合に出場できるかどうか判断したいと思います」と話したそうだ。

ACLのグループステージ第4節、浦和対上海上港の試合は11日(火)午後7時30分キックオフ予定。

http://qoly.jp/2017/04/11/andre-villas-boas-in-japan-kwm-1